〒169-0051 東京都新宿区西早稲田近辺(出張型)

営業時間

9:00~17:30(年中無休)

(電話は、24:00まで受付)

お気軽にお問合せください

080-5440-3729

(営業やPRを目的としたご連絡はご遠慮ください)

   mo3planning@gmail.com

└ブログ
(青木のつぶやき)

婚活や結婚生活に関する、記事や相談ごとなどについて、メインカウンセラーの青木の考察を、載せています。

 

なお、記事のリンクについては、期限切れで削除されている場合があります。

その場合は、次のサイトを開いて、期限切れのサイトのURLをコピペで載せると、表示されると思います。

https://archive.org/web/

※カレンダーが表示されるので、該当記事の初回公開日付近の、日付にマークが付いているところを、選択してください。

 

不定期ですが、一休みとして「言葉のごちそう」も、載せています。

「一人暮らし未経験の男性」が陥りやすい失敗とは…“子供部屋おじさん”が婚活で不利になる納得の理由、と言う記事です↓

https://news.yahoo.co.jp/articles/58a57216194c799128112b790a5380579807e31d

 

「子供部屋おじさん」と呼ばれる、成人しても親元に住み続ける中年の独身男性が、婚活で不利になる理由について解説しています。特に精神的な自立や生活力の欠如が問題とされ、家事能力の低さや親への依存が女性に敬遠される原因とされています。女性の場合は家族との距離が問題視されにくいが、男性は家事や経済面での自立が求められます。

 

この事例では、「子供部屋おじさん」が婚活で不利になる理由として、精神的自立や生活力の欠如が強調されています。これにより、婚活市場での評価が低くなるという指摘は、社会全体の価値観の反映と言えるでしょう。一方で、実家暮らしの背景には多様な事情があることも事実です。介護や経済的理由で実家に住む人々を一括りに批判するのではなく、個別の事情を理解し、適切なサポートを提供することが重要です。

 

婚活において「子供部屋おじさん」が不利になるのは、精神的自立と生活力の欠如が原因です。特に家事能力や経済面での自立が求められるため、一人暮らしの経験がないと婚活で不利になります。新宿区の婚活市場でも同様の傾向が見られ、一人暮らしを経験することで生活力を高め、婚活での評価を上げることが期待されます。自己改善の一環として、一人暮らしを始めることを考えてみてはいかがでしょうか。

 

「子供部屋おじさん」が婚活で不利になる理由は、精神的自立や生活力の欠如にあります。一人暮らしを経験することでこれらの問題を克服し、婚活での評価を向上させることが可能です。新宿区の婚活市場でも同様の対策が有効であり、自己改善を図るためには、一人暮らしを始めることをおすすめします。自立した生活力が、婚活においても重要なポイントとなります。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

「社会的地位のための結婚」規範が根強く残る背景 「そうであるべき」人生モデルからの解放を、と言う記事です↓

https://news.yahoo.co.jp/articles/48d50f2d6c3b18213c164afdb9ea78fe84438c86

 

東京23区で未婚率が高い背景には、社会的地位を重視する結婚観が根強く残っています。『東京ミドル期シングルの衝撃』では、35歳から64歳の「都市型」シングルが自由と孤独を感じる現状を分析しています。日本社会では結婚が安定や信頼の証とされる一方、シングルの人々はさまざまな視線や制度上の不利に直面しています。年齢や性別による人生モデルが強く、これがミドル期シングルの生き方に大きな影響を与えていると指摘されています。

 

この記事では、日本社会における結婚観とシングルに対する視線が詳細に描かれています。結婚が社会的地位や安定の象徴とされ、シングルの人々は制度や社会からのプレッシャーを感じています。特に、年齢や性別による固定観念が強く、ある年齢を過ぎると結婚しないことが不自然と見なされがちです。これは個人の選択やライフスタイルの多様性を認めない風潮を生み出し、シングルの人々が自由に生きることを難しくしています。多様な生き方を受け入れる社会の必要性が強調されています。

 

婚活においても、社会的地位や年齢、性別に対する固定観念が影響を与えています。新宿区のような都市部では、ミドル期シングルが増加し、多様な婚活スタイルが求められています。この記事は、結婚が必ずしも安定や幸福を保証するものではなく、シングルの選択も尊重されるべきだと主張しています。婚活においては、自分らしいライフスタイルを追求し、多様な価値観を持つパートナーを探すことが重要です。社会全体が多様な生き方を受け入れることで、婚活の選択肢も広がるでしょう。

 

この記事は、結婚観やシングルに対する社会的視線が日本の都市型シングルに与える影響を詳述しています。結婚が社会的地位と安定の象徴とされる一方、シングルはさまざまな困難に直面しています。年齢や性別による固定観念が根強く、多様なライフスタイルの受容が遅れています。婚活においても、自分らしい生き方を尊重し、多様な価値観を持つパートナーを見つけることが求められます。社会全体で多様な生き方を受け入れることが、未来の幸福につながるでしょう。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

婚活はゲームと似てる?「婚活課金の沼」にハマる人たち、と言う記事です↓

https://www.moneypost.jp/1153656

 

過去最低の合計特殊出生率が更新され、少子化対策が急務となっています。東京都など自治体も婚活に力を入れ、マッチングアプリの提供などを行っています。最近の調査によると、1年以内に結婚した夫婦の約4人に1人がマッチングアプリを利用しており、婚活に課金する人も増えています。婚活をスマホゲームに例える人も多く、課金しても必ずしも有利になるわけではないと感じています。

 

この内容は、婚活における課金の実態とその心理的な側面を浮き彫りにしています。少子化対策として婚活を促進する取り組みが進む中、マッチングアプリや結婚相談所の利用が一般化していますが、多くの人が課金により理想の相手に巡り合えると信じ、投資を続けています。しかし、課金が必ずしも成功を保証するものではなく、スマホゲームのような不確実性を伴うことが指摘されています。これは婚活市場の商業化とそれに伴う消費者心理の複雑さを示しています。

 

婚活における課金の問題は、特に新宿区のような都市部で顕著です。多くの人がマッチングアプリや結婚相談所を利用し、課金によって出会いの機会を増やそうとしていますが、これは必ずしも成功に結びつかないことが多いです。婚活をゲームのように捉える心理は、期待と失望のサイクルを生み出し、婚活疲れを引き起こす可能性があります。新宿区で婚活を考える人は、課金の効果と自分の期待を冷静に見極めることが重要です。

結婚相談所の場合、入会して料金を払うことだけで成婚できるわけではありません。正しいやり方で、正しい行動をすることで、成婚へ繋がります。担当カウンセラーとよく話し合い、適切な婚活を進めましょう!

 

婚活における課金の実態とその心理的影響についての記事は、少子化対策の一環として婚活が注目される中で、多くの人にとって重要なテーマとなっています。課金が必ずしも成功を保証するわけではない現実を理解し、冷静に婚活に臨むことが求められます。新宿区のような都市部で婚活を進める際も、自分の価値観や期待を再確認し、健全なアプローチで理想の相手を見つける努力を続けることが大切です。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

49歳。離婚3回。「強く出れば言うことを聞く」と女性から思われがちな私です、と言う記事です↓

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/58047779267f36569033d6233849e3cb8a1784fa

 

49歳の男性は、3回の離婚歴があり、初回の離婚後に体重が10キロ以上増加した経験があります。2回目の結婚ではパニック障害を持つ女性と結婚しましたが、結局は「一人で生きていきたい」と言われ離婚しました。3回目はシングルマザーと結婚しましたが、妻の強い不安症のため別れました。現在は孤独や死について考えることが多くなり、自分を変えようと努力しています。

 

この男性の経験は、個々の結婚がそれぞれ異なる理由でうまく行きませんでした。初回の離婚はコミュニケーション不足、2回目はパニック障害、3回目は妻の強い不安症が原因でした。これらは、結婚において相互の理解とサポートが不可欠であることを示しています。また、彼の自己認識と変革の努力は、人生において困難に直面しても前向きに取り組む姿勢が重要であることを教えてくれます。特に高齢になると孤独感が増すことから、積極的に交流の場を持つことが大切です。

 

この男性の経験から、婚活においては相手のバックグラウンドや心理状態を深く理解し、支え合うことの重要性がわかります。特に、新宿区のような都市部では、リモートワークやオンラインイベントを通じて多様な出会いの場が提供されており、こうした機会を活用することが有効です。また、婚活中の人々は、自己変革の意識を持ち、柔軟な思考でパートナーとの関係を築く姿勢が求められます。さらに、孤独を感じる高齢者にも、積極的に交流の場を持ち、支え合える関係を築くことが重要です。

 

この事例の離婚経験と現在の取り組みは、婚活や結婚生活におけるコミュニケーションと相互理解の重要性を強調しています。新宿区のような都市部では、リモートワークやオンラインイベントを活用した婚活が進んでおり、これを機に多様な出会いを楽しむことができます。自己変革の意識を持ち、柔軟な思考でパートナーとの関係を築くことで、より良い人間関係を構築することができます。孤独を感じる高齢者にも、積極的な交流が大切です。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

マッチングアプリで成功するメッセージのコツと例文が、紹介されています↓

https://www.iid.co.jp/contents-marriage/column/app-message/

 

マッチングアプリで成功するためのメッセージのコツを紹介する記事です。メッセージを送るタイミング、礼儀、相手の情報に触れること、返信がなくても焦らないことが重要です。また、具体的な良い例と悪い例も挙げられており、効果的なメッセージの送り方が解説されています。さらに、連絡先交換のタイミングについても触れています。

 

この記事では、マッチングアプリでのメッセージの重要性が強調されています。特に、初めてのメッセージが相手に与える印象が大きいことがわかります。また、礼儀や相手の情報に触れることで、返信率を上げる方法が具体的に示されています。この記事は、メッセージの内容やタイミングによって関係が深まるかどうかが決まるという点で、実践的なアドバイスを提供しています。これらのポイントを押さえることで、マッチングアプリでの成功率を高めることができるでしょう。

 

婚活においても、初対面でのコミュニケーションが非常に重要です。特に新宿区のような都市部では、多くの人が婚活を行っており、第一印象が関係の進展に大きな影響を与えます。マッチングアプリでのメッセージのコツは、婚活パーティーや結婚相談所での初対面の会話にも応用できます。相手に礼儀正しく接し、興味を持っていることを示すことで、関係を深めることができます。相手の情報を活用し、焦らずに自然なペースで関係を築くことが成功への鍵です。

 

この記事を通じて、マッチングアプリでのメッセージの重要性と効果的な方法が具体的に理解できました。特に初めてのメッセージが持つ影響力と、その後のやり取りのコツは、婚活全般にも役立つ内容です。新宿区での婚活を成功させるためには、この記事で紹介されたポイントを実践し、相手に好印象を与えることが重要です。焦らず丁寧にコミュニケーションを取り、素敵な出会いを見つけるための参考にしてください。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

『好きな人ができない……』マッチングアプリで出会えない女性がやるべきたった一つのことが、紹介されています↓

https://i-voce.jp/feed/3416658/

 

マッチングアプリで10人以上と会っても恋愛感情を抱けない女性たちが、出会いに焦りを感じることが多いです。しかし、出会いは100人に1人の確率と考え、多くの人と会うことが重要です。相手に興味を持って話を聞き出すことで、出会いのチャンスが広がります。焦らず、自分に合う人を見つけるためには、愛され力を磨くことが大切であり、無理に好きになろうとする必要はありません。

 

この内容は、マッチングアプリでの出会いに悩む女性に対して、焦らず多くの人と会うことの重要性を説いています。恋愛感情が簡単に生まれないのは当然であり、特に大人になるとその傾向は強まります。相手に興味を持ち、話を聞き出すことで、互いの理解が深まり、良い関係が築ける可能性が高まります。また、無理に恋愛感情を抱こうとするのではなく、自然体で自分に合う人を見つけることが強調されています。このアプローチは、恋愛に対するプレッシャーを軽減し、より健康的な人間関係を築くための有効な方法といえます。

 

婚活においても、このアドバイスは非常に有益です。特に新宿区のような都会では、多くの人と出会う機会が多いため、100人に1人の確率で出会うという考え方は理にかなっています。焦らず、多くの人と会うことで、自分に合う相手を見つけることができるでしょう。また、相手に興味を持って話を聞き出すことで、より深い理解が得られ、良い関係を築くチャンスが増えます。婚活は長期的な視点で捉え、無理に結果を求めず、自分自身の成長とともに相手との関係を築くことが大切です。

 

マッチングアプリや婚活で焦りを感じることは多いですが、出会いは100人に1人の確率と考え、多くの人と会うことが重要です。相手に興味を持ち、話を聞き出すことで、良い出会いのチャンスが広がります。無理に恋愛感情を抱こうとせず、自分に合う相手を見つけるためには、自然体で臨むことが大切です。婚活は長期的なプロセスであり、焦らず、自分に合った相手を見つけることが成功の鍵となります。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

日本女性の4人に1人が産まずに生涯を終える、と言う記事です↓

https://president.jp/articles/-/82633

 

日本の女性の4人に1人以上が、一生子供を持たない現状が紹介されています。2005年に11.9%だった生涯無子率は2020年には27%に急増し、世界トップの少子化国家となっています。少子化の背景には、女性が子供を産む存在とする古い考え方や、社会的なプレッシャーが影響しています。

 

この内容は、日本の深刻な少子化問題をデータを用いて詳細に分析しています。女性が子供を持たない理由として、経済的な負担やキャリアの重要性、社会的な価値観の変化が挙げられます。特に「うまずして何が女性か」という発言が、女性に対する古い偏見を反映していると批判されています。少子化対策には、女性が自由に生きる選択肢を尊重し、経済的支援や育児サポートの充実が求められます。

 

婚活においても、少子化の影響は大きいです。女性が結婚や出産を選ばない背景には、社会的なプレッシャーやキャリア志向、経済的な問題があります。婚活支援サービスは、これらの課題に対応するために、柔軟なサポートを提供する必要があります。例えば、キャリアを続けながら子育てができる環境作りや、経済的な支援策を強化することが重要です。新宿区の婚活市場でも、こうした支援が求められるでしょう。

 

少子化は日本社会全体の問題であり、女性の生き方や価値観の変化を反映しています。結婚や出産を選ばない女性が増える中、社会全体で女性の多様な選択を尊重し、サポートする体制が必要です。婚活支援サービスも、女性の多様なニーズに応える柔軟な対応が求められています。新宿区でも、こうした取り組みを進めることで、より多くのカップルが幸せな家庭を築けるようになるでしょう。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

いとこ同士で結婚した30代夫婦 身内からの「子づくり禁止令」に不満、と言う記事です↓

https://news.livedoor.com/article/detail/26605067/

 

いとこ同士で結婚した30代夫婦が、身内からの「子づくり禁止令」に不満を抱いています。妻の伯母から、血縁関係があるため障がい児が生まれるリスクが高いとして、子どもを作らないように言われています。夫婦は法的に認められた正当な夫婦であり、子どもを持つ権利があると主張していますが、家族間の不和が続いています。

 

この事例では、いとこ婚に対する社会的な偏見とその影響が浮き彫りにされています。いとこ婚は法的に認められているものの、遺伝的リスクを理由に家族から反対されるケースが多いことが分かります。医師の間でもリスクに関する見解は分かれており、実際のリスクについてのデータは一貫していません。夫婦の権利と家族の懸念の間での葛藤が顕著で、個々の価値観や信念が大きく影響していることが見て取れます。

 

婚活においても、いとこ婚のように法的には認められているが社会的に受け入れられにくいケースが存在します。新宿区のような都市部では、多様な価値観やライフスタイルが共存していますが、それでも家族や社会の偏見に直面することがあります。婚活をする際には、自分たちの価値観を尊重しつつ、相手やその家族とのコミュニケーションを大切にすることが重要です。また、法的に認められていることを理解し、正当な権利を主張する姿勢も必要です。

 

いとこ同士の結婚を巡る記事は、法的な認可と社会的な受け入れのギャップを浮き彫りにしています。婚活においても、法律に基づく正当な権利を理解しつつ、家族や社会との調和を図ることが求められます。新宿区のような多様な価値観が共存する地域では、個々の選択を尊重しながら、互いの意見を尊重する姿勢が重要です。婚活を成功させるためには、法的な理解とコミュニケーションのバランスが鍵となります。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

慶応大卒の男性の子どもを「計画妊娠」37歳がハイスぺ婚に絶望したワケ、と言う記事です↓

https://news.livedoor.com/article/detail/26597667/

 

慶応大卒の男性と計画妊娠で結婚した37歳の女性の話です。彼女は専業主婦になり、ハイスペック婚を果たしましたが、現実は思い描いていたものとは異なり、「すごくつまらない」と感じています。彼女は学歴コンプレックスに悩まされ、子どもには自分と同じ苦労をさせたくないと考え、中学受験に向けて教育を熱心に行っています。

 

この内容は、学歴やステータスに過剰に依存することの危険性を描いています。この女性の例は、ハイスペック婚に憧れ、その実現に成功したものの、現実の生活に満足できないという状況を示しています。これは、学歴や収入が必ずしも幸福に直結しないことを教えてくれます。また、社会的な期待やプレッシャーが個人の選択にどれほど大きな影響を与えるかも示唆しています。日本の学歴社会において、学歴と年収の相関関係が強調されていますが、実際の生活や幸せにはもっと多くの要素が関与しています。

 

この内容を婚活に当てはめると、パートナー選びにおいて学歴や職業などの表面的なスペックだけを重視することのリスクが浮き彫りになります。結婚生活は一時的なステータスの満足ではなく、長期的な共同生活です。彼女のように、ハイスペック婚を目指して結婚したものの、実際の生活が想像と違う場合、大きな不満や後悔が生じる可能性があります。婚活においては、相手の人間性や価値観、相互の信頼関係を重視することが重要です。新宿区などの都市部でも、こうした深い絆を築くことが幸せな結婚生活につながるでしょう。

 

この記事は、学歴やステータスに対する過度な期待が実際の幸福に結びつかないことを示しています。結婚や婚活においても、表面的な条件だけでなく、パートナーとの信頼関係や価値観の一致が重要です。学歴コンプレックスに悩む人々にとっても、真の幸せを見つけるためには、自分の内面と向き合い、豊かな人間関係を築くことが大切です。婚活をする際には、相手の学歴や職業だけでなく、全体的な人間性を重視することが、より良いパートナーシップの形成につながるでしょう。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

東京都の出会い系アプリ、悪くない考えだ、と言う記事です↓

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-06-11/SEVY14T1UM0W00

 

東京都が独自の出会い系アプリを開始する計画は、ネット上で冷笑されましたが、イーロン・マスク氏は称賛しました。2023年の東京都の出生率は0.99と全国で最も低く、婚姻数を増やすことが狙いです。少子化問題は日本だけでなく世界的な課題であり、政府の施策では根本的な解決が難しいとされています。東京都の調査では、未婚者の3分の2が結婚を希望していますが、特別な努力をしていない人が多いです

 

この記事は、東京都が少子化対策として独自の出会い系アプリを導入する計画を評価しています。少子化は日本のみならず多くの先進国が直面する問題であり、政府の介入が必須です。出会い系アプリを通じて婚姻数を増やす試みは、新しい形の行政の関与として注目に値します。特に、民間の出会い系アプリと異なり、営利目的ではないため、ユーザーにとって信頼性が高いという利点があります。しかし、アプリだけで少子化問題を解決するのは難しく、包括的な対策が求められます。

 

東京都の出会い系アプリは、婚活市場に新たな風を吹き込む可能性があります。特に新宿区のような都市部では、忙しい日常の中で自然な出会いの機会が限られているため、このようなアプリの利用が増えるでしょう。さらに、行政が運営することで信頼性が高まり、婚活を考える人々にとって安心して利用できるプラットフォームとなるでしょう。少子化対策としての効果は未知数ですが、出会いの場を広げることで婚姻数の増加が期待されます。婚活を考える未婚者にとって、有益な選択肢となるでしょう。

 

東京都の出会い系アプリ導入は、少子化対策として注目されています。特に新宿区のような都市部では、信頼性の高いプラットフォームとして利用が広がるでしょう。少子化問題の解決は容易ではありませんが、このような新しい取り組みが婚姻数の増加につながる可能性があります。婚活を考える人々は、行政が提供する信頼性の高いサービスを積極的に活用し、より良い出会いを探すことが期待されます。この試みが成功することで、他の自治体にも波及効果が期待されます。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

「風呂で歯磨きする彼氏にドン引き」悩む女性の投稿に議論噴出、と言う記事です↓

https://news.livedoor.com/article/detail/26573290/

 

ネット掲示板で「お風呂で歯磨きをする彼氏」に対する議論が沸騰しました。投稿者は、彼氏の習慣に驚きドン引きしたが、肯定派からは「家なら問題ない」との意見が多数です。一方、少数派は「無理」と否定的な声です。歯医者も風呂での歯磨きを推奨していますが、価値観の違いが浮き彫りになった結果です。お風呂での歯磨きは、リラックス効果や時間短縮がメリットとされますが、習慣の違いが議論の焦点になっています。

 

この事例は、生活習慣の違いが人間関係に与える影響を示しています。特に、幼少期からの習慣は個々の価値観に深く根ざしており、それがパートナーシップにおいて衝突の原因となることが多いです。お風呂での歯磨きという一見些細な行動でも、これほど大きな議論を引き起こすのは、日常生活の中での価値観の相違が強く影響しているからです。多様な意見が交わされることで、それぞれの立場や背景を理解する機会が生まれ、柔軟な対応や妥協点を見つける重要性が再認識されます。

 

婚活においても、結婚後の生活習慣や価値観の違いについて事前に話し合うことが重要です。この記事のように、お風呂での歯磨き一つをとっても価値観の違いが生じることがあります。新宿区のような都市部では特に、共働き夫婦が増えているため、家庭内での役割分担や習慣について予め話し合い、合意を得ておくことが円満な結婚生活の鍵となります。お互いの価値観や習慣を尊重し、共通の生活スタイルを築く努力が求められます。

 

この記事を通じて、生活習慣の違いが人間関係に与える影響が明らかになりました。特に婚活中のカップルにとって、将来の生活習慣や価値観について事前に話し合うことの重要性が強調されます。新宿区のような都市部では共働きが一般的であり、家庭内の調和を保つためのコミュニケーションが不可欠です。これから結婚を考える方々には、パートナーとの価値観の違いを尊重し、円満な家庭を築くための話し合いを重ねることをお勧めします。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

婚姻数減少… 戦後最低に マッチングアプリの活用広がる、と言う記事です↓

https://news.yahoo.co.jp/articles/9426fde095096287e7da73ea02acf8b869bce064

 

2023年の婚姻数は50万組を下回り、戦後最低を記録しました。一方で、自治体や企業がマッチングアプリを活用する動きが広がっています。多くの新婚夫婦がアプリで出会い、結婚に至っています。AI技術を活用した安全対策が進化している一方、アプリ利用に対する不安も根強く残っています。

 

記事では、日本における婚姻数の減少とマッチングアプリの利用拡大が焦点となっています。マッチングアプリは、若者にとって効率的かつ手軽な出会いの手段となっており、自治体や企業も積極的に活用しています。しかし、不正行為や安全性に対する懸念もあり、AIを用いた対策が求められています。これは、社会のデジタル化が進む中で、新しい技術が結婚や出会いの形を大きく変えていることを示しています。

 

婚活においても、マッチングアプリの活用が広がる一方、信頼性や安全性が重要な課題です。新宿区のような都市部では、特に多忙な生活を送る人々にとって、アプリは便利なツールとなり得ます。しかし、不正行為のリスクを減らすためには、利用者自身も慎重になる必要があります。AI技術を活用した安全対策の強化は、より安心して利用できる環境を提供するために不可欠です。新宿区の婚活支援にも、このようなテクノロジーの導入が期待されます。

 

婚姻数の減少は日本社会の大きな課題ですが、マッチングアプリの普及は新たな出会いの可能性を広げています。新宿区を含む都市部での婚活支援においても、デジタル技術の活用が鍵となるでしょう。安全対策を強化しつつ、効率的な出会いを提供することで、多くの人々が新たなパートナーと出会い、結婚に至る手助けができることが期待されます。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

【オトコのホンネ】彼が結婚したいと思うのは? “手放したくない女”の特徴が、紹介されています↓

https://news.yahoo.co.jp/articles/80a880afac1abac0ebaac641c5c60d473ab6068a

 

男性が「手放したくない」と感じる、女性の特徴について紹介しています。1つ目は「軽やか」であり、自分の時間を大切にし、自分軸で生きることです。2つ目は「専業主婦志望ではない」であり、共働きを前提にしていることです。これらの特徴が男性にとって結婚へのプレッシャーを軽減し、結婚を決断しやすくする要因となっています。

 

この内容は、結婚を望む女性に対して、どのような行動や心構えが男性に「手放したくない」と感じさせるかを示唆しています。自立心を持ち、自己成長を続けることが重要とされています。現代の経済状況を考慮し、専業主婦志望ではなく共働きを受け入れる姿勢が求められています。この内容は、結婚に対する現代的なアプローチを提案しており、男性の心理を理解するための具体的な提案と言えます。

 

婚活においても、このアドバイスは非常に有用です。自立心を持ち、自己成長を大切にする姿勢は、婚活相手に魅力的に映るでしょう。特に新宿区のような都市部では、共働きを前提とした生活スタイルが一般的です。そのため、専業主婦志望ではなく、仕事を続ける意欲があることは、結婚を希望する相手にとって重要なポイントとなります。自分のライフスタイルを見直し、柔軟性を持つことが婚活成功の鍵となるでしょう。

 

男性が「手放したくない」と感じる女性の特徴は、自立心と共働き志向にあります。これらの要素は、結婚へのプレッシャーを軽減し、男性にとって魅力的に映ります。婚活を成功させるためには、自己成長を続け、自分の時間を大切にする姿勢が重要です。また、共働きを前提としたライフスタイルを受け入れることが、現代の婚活において有利に働くでしょう。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

結婚してからの展開の早さに驚き、44歳と38歳で結婚した「夫婦のリアル」、と言う記事です↓

https://news.livedoor.com/article/detail/26566178/

 

44歳の男性が2022年10月に結婚相談所に入会し、半年以内に38歳の女性と出会い、2023年末に結婚しました。婚約中に妊娠もし、男性の両親はこの速い展開に驚いています。夫婦は仕事や趣味に没頭していましたが、結婚相談所での出会いで迅速に結婚に至り、現在は新婚生活を楽しんでいます。

 

この記事は、仕事や趣味に忙しい現代の中高年がどのようにして結婚に至るかを描いています。44歳の男性と38歳の女性が結婚相談所で出会い、短期間で結婚し、妊娠という驚きの展開を迎えています。これは、結婚相談所が効率的にパートナーを見つけるための有効な手段であることを示しています。また、互いに対等な関係を築きながら、それぞれの趣味や仕事を尊重することで、幸せな結婚生活を送ることができることが強調されています。相手に求める条件を明確にし、それに基づいた婚活を行うことの重要性が示されています。

 

この事例は、新宿区で婚活を検討している人々にとっても、参考になるポイントが多いです。仕事や趣味に忙しい中でも、結婚相談所を利用することで効率的にパートナーを見つけることができることが判ります。また、結婚相手に求める条件を明確にすることで、短期間で理想のパートナーと出会える可能性が高まります。特に新宿区のような都市部では、多くの婚活イベントや結婚相談所が存在しているため、この事例のような成功例が生まれやすい環境にあります。互いに対等な関係を築き、趣味や仕事を尊重し合うことが、幸せな結婚生活の鍵であることが示されています。

 

この内容は、結婚相談所を利用した婚活の成功例を描いており、忙しい現代人でも短期間で理想のパートナーと出会い、結婚に至ることができることを示しています。新宿区で婚活を考えている方々にとっても、効率的かつ効果的な方法として結婚相談所の利用を検討する価値があります。結婚相手に求める条件を明確にし、お互いを尊重し合うことが、幸せな結婚生活の秘訣であることが強調されています。この成功例を参考に、積極的に婚活に取り組むことで、理想のパートナーと出会える可能性が広がります。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

「月1の営みか離婚」好きな方を選べという夫に恐怖…拒否するとどうなる?、と言う記事です↓

https://news.livedoor.com/article/detail/26561825/

 

夫から「月に1度夫婦の営みをしてくれないなら離婚」と迫られた女性が、弁護士ドットコムに相談しました。夫は単身赴任中で、週末のみ自宅に戻るが、家事育児には無関心でゲームに没頭しています。相談者は小学生の子どもを育てながら働く忙しい生活を送っており、性欲が湧きません。弁護士は、夫婦間でも性的自由は保障されており、長期間正当な理由なく性交を拒否すれば慰謝料の支払いや離婚理由になる可能性があると説明しました。過去の判例でも同様の事例が認めらています。

 

この事例は、夫婦間の性交渉に関する法的義務と自由についての重要な問題を取り上げています。夫婦間であっても性的自由が保障されており、自らの意思に反して性交渉に応じる義務はないとされています。しかし、長期間にわたる正当な理由のない拒否は、相手に対する慰謝料支払義務や離婚事由となり得る点が強調されています。夫が単身赴任中であり、家事や育児に非協力的な状況が、女性の精神的負担を増大させている点も見逃せません。この事例は、夫婦間のコミュニケーションと相互理解の重要性を再認識させるものであり、離婚や慰謝料問題に直面する前に、双方が歩み寄り、解決策を模索することの必要性を示唆しています。

 

この記事の内容は、婚活中の方々にも重要な教訓を与えます。結婚生活において、相互理解とコミュニケーションが欠かせないことが強調されています。婚活の際に相手を選ぶ基準として、性格や価値観の一致、生活スタイルの理解、相手のニーズに対する共感が重要です。特に、新宿区のような都会で婚活を行う場合、生活のリズムや仕事の忙しさが夫婦間の関係に影響を与えることが考えられます。そのため、結婚前にお互いの生活環境や価値観について十分に話し合い、将来のトラブルを未然に防ぐことが大切です。この記事は、婚活中の方々が結婚後の生活をリアルにイメージし、より現実的なパートナー選びをするための一助となるでしょう。

 

この内容を通じて、夫婦間の性交渉に関する法的な側面や、相互理解の重要性が強調されました。婚活中の方々は、結婚後の生活を具体的にイメージし、お互いの価値観や生活スタイルを共有することが重要です。新宿区で婚活を行う際も、生活リズムや仕事の忙しさが関係に及ぼす影響を考慮し、相手とのコミュニケーションを大切にすることが求められます。この記事の教訓を活かし、より良いパートナーシップを築くための参考にしてください。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

株式会社タップルが新マッチングアプリ「Koigram(コイグラム)」をリリースしました↓

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000129.000044116.html

 

株式会社タップルは、新たなマッチングアプリ「Koigram(コイグラム)」をリリースしました。このアプリは         

「無料でも本気の恋はできる」をコンセプトとし、心理学者監修の16タイプ恋愛診断を取り入れています。LGBTQ+にも対応し、全機能が無料で利用可能です。24時間365日の監視体制で、安全に利用できる環境を提供します

 

「Koigram」のリリースは、マッチングアプリ市場における新たな挑戦です。無料で利用できる点が特に注目されます。従来の有料アプリには、真剣度に対する懸念がありましたが、「Koigram」はその点を克服し、心理学者監修の診断を通じて内面を重視したマッチングを提供します。さらに、LGBTQ+対応で、多様なユーザー層に対応することで、より広範なニーズを満たすことを目指しています。新宿区を含む都市部でも、多くのユーザーに受け入れられる可能性が高いです。

 

「Koigram」の特徴は、婚活においても大いに役立つでしょう。特に新宿区のような都市部では、忙しい生活の中で効率的に出会いを見つける手段が求められています。無料で全機能が利用できるため、経済的な負担が少なく、多くの人にとって利用しやすいのが利点です。また、16タイプ恋愛診断により、自分に合った相手を見つけやすく、真剣な交際を求める人にとって信頼性の高いプラットフォームとなるでしょう。LGBTQ+対応も、多様なニーズに応える点で評価されます。

ただし、マッチングから先は自力で進める点は、他のマッチングアプリと変わりません。よって、主体的に婚活が進められない人には、良い結果が得られない可能性が高いのでご注意下さい

 

「Koigram」は、無料で利用できる本気の恋愛を提供する新たなマッチングアプリとして注目されます。心理学者監修の診断やLGBTQ+対応など、ユーザーの多様なニーズに応える工夫がなされています。特に新宿区のような多忙な都市部では、経済的負担の少ない婚活手段として、多くの人に受け入れられるでしょう。安心・安全な環境で、本気の出会いを求める全ての人におすすめできるアプリです。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

「反抗期ない子ども」なぜ増加しているのか…親の向き合い方は、と言う記事です↓

https://news.livedoor.com/article/detail/26567280/

 

反抗期がない子どもが増えている背景について、ABEMA Primeで取り上げられました。子育てアドバイザーの道山ケイ氏は、親子関係が良好な家庭が増えているため、反抗期がない子どもが増えていると説明。また、コラムニストの河崎環氏は、反抗期が子どもの成長にとって重要であると述べています。親は反抗期を成長の証として楽しむべきであり、反抗期がない場合は親子関係を見直す必要があると強調しています。

 

この記事は、反抗期がない子どもが増えている現象を取り上げ、その背景として親子関係の変化を指摘しています。親が子どもの意見を尊重し、良好な関係を築いている家庭では反抗期が少ないとされています。しかし、反抗期がないことが必ずしも良いことではなく、子どもの自我形成や自立心の発達にとって重要な役割を果たすとの見解も示されています。親が反抗期をポジティブに捉え、適切に対応することが求められています。

 

婚活においても、親子関係の影響は大きいです。反抗期がない子どもは親との関係が良好である反面、自立心が不足しがちです。婚活を通じてパートナーを見つける際には、自立した個人としての成長が重要です。反抗期を経験することで、自己主張や問題解決能力が育まれるため、婚活にも役立つスキルが養われます。親としても、子どもが自立して婚活に臨めるよう、適切なサポートを提供することが大切です。

 

反抗期がない子どもが増えている現象は、親子関係の良好さを反映していますが、自立心や自己主張の欠如を招くリスクもあります。婚活においても、自立した個人としての成長が重要であり、反抗期を通じて養われるスキルが役立ちます。親は反抗期をポジティブに受け止め、子どもの成長をサポートする姿勢が求められます。新宿区でも、婚活を考える方々にとって、親子関係の見直しは重要なテーマです。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

まもなく「独身様」が申し訳なさそうに生きる時代がくる…「子持ち様」と「独身様」の評価が逆転する日、と言う記事です↓

https://president.jp/articles/-/82247

 

急激に進行する少子化と、それに伴う社会変化について論じています。かつては子持ちの人々が特別扱いされることに対する不満が「子持ち様」として表現されていましたが、将来的には子育てが社会貢献として高く評価され、独身者の立場が弱まる可能性があると指摘しています。労働力不足や社会インフラの維持が難しくなることも予測され、社会全体のバランスが崩れる危険性が強調されています。

 

この提唱は、少子化の進行がもたらす社会的な影響について深く掘り下げています。特に、独身者と子持ち者の評価の逆転がもたらす社会的な変化に注目しています。現在、「子持ち様」という言葉が示すように、子育て中の人々への不満が存在していますが、少子化が進むにつれて、子育てが社会貢献として高く評価される時代が来る可能性があると論じています。これは、労働力の減少や社会インフラの維持の難しさを考慮すると、避けられない現実かもしれません。

 

婚活においても、この記事が指摘する評価の逆転は重要な視点となります。特に新宿区のような都市部では、子育てと仕事の両立が難しいとされてきましたが、社会全体の意識が変われば、子持ちの人々も婚活市場でより良い評価を受ける可能性があります。少子化が進む中で、婚活中の人々にとっても、子どもを持つことの価値が見直されるでしょう。婚活の場でも、子どもを持つことに対する前向きな姿勢が求められるようになるかもしれません。

独身様は、この先も1馬力です。一方で子持ち様は、長期では子供や孫の働きがプラスされるので、2馬力以上です。その事を考えると、子持ち様を優遇した方が、結果としては労働力が見込めます。よって、婚活者への優遇も、考える世の中を期待します。

 

この記事では、少子化による人手不足が進む中で、独身者の評価が逆転する可能性について考察しています。現在は「子持ち様」という言葉が示すように、子育て中の人々への不満がSNSで共有されていますが、将来的には子育てが社会貢献として高く評価される時代が来るかもしれません。婚活においても、この変化は重要であり、子どもを持つことの価値が見直される可能性があります。新宿区での婚活にも影響を与えるでしょう。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

マッチングアプリの女性「残念な写真」図鑑。数年前なら好印象でも、今は“必死すぎてイタイ人”、と言う記事です↓

https://news.yahoo.co.jp/articles/d6c4e0f628db5dee0e8132cf28e4683ac87fe933

 

マッチングアプリで使用する写真のトレンドが変化しています。2024年の最新ガイドラインでは、自然で日常の様子が伝わる写真が好まれ、マスク写真や美容室で撮影した写真は避けるべきです。特に、友達に撮ってもらった自然なスナップ写真が高評価を得やすいとされています。過度に加工した写真や「必死感」が伝わる写真は逆効果です。日常の身だしなみや美意識を高めることが重要です。

 

この記事では、マッチングアプリの写真選びがいかに重要かを強調しています。2024年のトレンドとして、自然でありのままの姿を見せることが求められています。過去には好まれたマスク写真や美容室での写真が、現在では「必死すぎてイタイ」と見なされることから、利用者の価値観や目が非常に厳しくなっていることが分かります。特に友達に撮ってもらった写真が評価される点から、個人の交友関係や日常生活が写真に反映される重要性が浮き彫りになっています。また、過度な加工やプロの手による写真が逆効果になることも興味深いポイントです。これらの変化は、デジタル社会の進展とともに、よりリアルで信頼できる情報を求める傾向が強まっていることを示しています。

 

婚活においても、マッチングアプリでの写真選びが重要なポイントとなります。新宿区のような都市部では、特に多くのライバルがいるため、差別化を図るためにも写真の質が問われます。自然で日常的な姿を映し出すことで、信頼性や親しみやすさをアピールできます。例えば、友達と一緒に過ごす日常の一コマやカフェでの自然な笑顔の写真は、相手に好印象を与えるでしょう。逆に、過度に加工された写真やプロに撮影してもらった写真は、必死感を与え、逆効果となる可能性が高いです。婚活では、写真一枚で相手に与える印象が大きく変わるため、普段の身だしなみや美意識を高め、自然体で魅力を伝えることが成功の鍵となります。

なお、結婚相談所での活動においては、プロが撮影した写真をメインに載せることが一般的です。スナップ写真をサブの写真として載せることで、オンとオフの両方を見せることが出来ます。

 

マッチングアプリでの写真選びは、出会いの第一印象を左右する重要な要素です。2024年のトレンドでは、自然で日常の様子が伝わる写真が好まれます。新宿区などの都市部での婚活においても、信頼性や親しみやすさをアピールするためには、過度な加工を避け、普段の生活を反映した写真が効果的です。日常の身だしなみや美意識を高めることで、リアルな魅力を伝え、より良い出会いを引き寄せることができるでしょう。これからの婚活において、写真選びの重要性を理解し、適切なアプローチを取ることが求められます。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

若者たちが辟易とする「若者は恋人がほしくて当たり前」の価値観の押し付け、と言う記事です↓

https://www.moneypost.jp/1151072

 

若者の間で恋愛離れが進行しており、「恋人がいるのが当然」という価値観の押し付けに疲弊している人々が増えています。周囲からの恋愛に関する期待や質問がストレスとなり、不快に感じることが多い様です。若者たちは、多様化する価値観の中で、自分のペースで生きることを望んでいます。

 

この記事は、若者の恋愛観が変化していることを示しており、従来の「恋人がいるのが当たり前」という価値観が通用しなくなっている現状を浮き彫りにしています。恋愛を重要視しない若者が増える一方で、周囲の世代はその変化を受け入れきれず、古い価値観を押し付けることが多いです。このような状況が、若者にとって大きなストレスとなり、対人関係における溝を生む原因となっています。価値観の多様化を理解し、尊重することが求められます。

 

婚活においても、若者の恋愛離れは重要な要素となります。婚活サービスやイベントを提供する際、若者が感じる恋愛に対するプレッシャーを軽減する工夫が必要です。「恋人がいない=不幸」というステレオタイプ(固定観念)を避け、個々の価値観やライフスタイルを尊重することが大切です。婚活イベントでも、多様な参加者がリラックスして参加できる雰囲気を作り、自然な出会いを促進することが成功の鍵となりそうです。

 

若者の恋愛離れが進む中で、「恋人がいるのが当たり前」という価値観の押し付けがストレスを生む原因となっています。婚活においても、多様な価値観を尊重し、個々のライフスタイルに合ったサポートを提供することが求められます。新宿区でも、こうしたアプローチを取り入れることで、婚活者がよりリラックスして参加できる環境を整え、新たな出会いの機会を広げることができそうです。

 

(追伸)

今日が、この先の人生で、一番成婚しやすい日です!

今日よりも若い日は有りませんからね。

 お気軽にお問合せください

東京を中心に、全国で婚活をお考えなら、MOプラニングへお気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

080-5440-3729

(営業やPRを目的としたご連絡はご遠慮ください)

営業時間:9:00~17:30 (電話は、24:00まで受付)
定休日:年中無休